風になりたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 【MTG】プレリ参加で、紙レア祭りでござるの巻

<<   作成日時 : 2009/02/01 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日は池袋アメにて、コンフラックスのプレリリースパーティーに参加してきました。
フォーマットはアラーラトーナメント1、コンフラブースター3のシールド戦で、参加者は33人。

まずアラーラから開けると、出たレアが
《カルデラの乱暴者》
《サシーリウムの神語り》
《火のるつぼ》
の3枚。

コンフラが、
《聖遺の騎士》(墓地の土地の数だけ+1+1、タップで森か平地サクって土地をライブラリから出す)
《成金、グゥファ・ハジード》(平和な心製造機)
《パレオロス》(パワー5以上の生物がグレイブディガー化するデカブツ》

え、何この使えないレア共・・・
初っ端からやる気を激しく削がれる。
しかし、コモン・アンコモンに中々優秀なカードが多かったので、最終的には中々のデッキに。


ナヤジャンド「あたまわるいでっき」

《毒のイグアナール》 (緑のパーマネントがいると接死)
《ゴブリンの異国者》 (プロ白の熊)
《ナヤの戦闘魔道士》
《ヴェティアのとげ刺し》
《芽吹くトリナクス》
《エイブンの先駆者》 (タフネスが版図のフライヤー)
《聖遺の騎士》
《野生のレオトー》 (4マナ5/4、アップキープに緑マナ要求)
《熊手爪のガルガンチュアン》
《モストドン》
《カルデラの乱暴者》
《ロウクスのボディーガード》 (賛美、cipで3点ゲイン)
《パレオロス》
《岩投げの小隊》

《流刑への道》 (噂の新ソープロ)
《天界の粛清》2 (赤黒のパーマネントをリムーブ)
《圧倒する咆哮》
《魂の火》
《引きずりおろし》2 (版図でマイナス修正)
《圧倒する雷》
《圧倒する静寂》
《ジャンドのオベリスク》

《古代の聖塔》 (クリーチャー呪文にしか使えない5色土地)
《ジャンドの全景》
《バントの全景》
《森》4
《山》3
《平地》4
《沼》2


登録型ではなかったので色々調整しましたけど、これが最終形ですかね〜
サイドには《火山流埋め》《散弾の射手》《消しえる火》《骨組溶かし》《肉袋の匪賊》
《闇の感情》《魂の力》《ゴブリンの死の略奪者》など。
赤・白・黒の優秀な除去が大量に引けたので、色はすんなり決まりました。
あとはナヤのデカい生物が多かったので、相手の生物を排除して殴り殺す頭の悪いデッキに。
マナカーブがかなり狂気を醸し出してますが、全景や《聖遺の騎士》のおかげで意外と事故りませんでした。
ただ回避能力が《モストドン》に頼りきりなのが不安。


第1回戦 vsジャンド ○○
外国の方。
1戦目は除去祭りのあと殴りきって危なげなく勝ち。
2戦目では《ヘルカイトの雛》に7体貪色されて焦るも、《流刑への道》で乙。
ジャンドのわりには除去がほとんど飛んでこなかったので比較的楽だった。


第2回戦 vsジャンドt青 ×○×
1戦目、クリーチャーを次々に焼かれた。《マトカの暴動者》が強すぎる。
最後は《苦悩火》で焼き殺されたw
2戦目、相手が《ゴブリンの餌》などで4体ほど展開したところで《カルデラの乱暴者》が刺さる。
そのまま生き残った《野生のレオトー》と一緒に殴り倒す。
3戦目、ダブルマリガン後、除去合戦。徐々にこちらが息切れする。
最後は《苦悩火》で(ry


第3回戦 vsナヤ ○○
1戦目、相手の土地が終盤まで2色しか出ず、《野生のレオトー》《岩投げの小隊》が大暴れ。
序盤の《エイブンの先駆者》のクロックも大きかった。
2戦目、《長毛のソクター》が3ターン目に降臨w
なんとか殺すが、《野生のナカティル》《エイブンの従者》など展開され、押され気味に。
さらに《ロウクスのボディガード》2体にかなり萎える。
ここでトップ《カルデラの乱暴者》!
相手は再展開できず、そのまま勝ち。


第4回戦 vsナヤ ○○
ここまで4戦連続赤緑絡みとかwww
個人的に一番アツかったマッチ。

1戦目、相手は山が引けないが、こちらも平地を引けない。
手札で白除去が腐るなか、プロ黒の異国者やナカティルに押し込まれる。
頼みの綱の《聖遺の騎士》も焼かれて、ヤバい雰囲気。
しかしここで止まっていた土地が5マナまで伸び、《カルデラの乱暴者》が炸裂!
そのまま7/7のヘリオンが無双し、逆転勝ち。

2戦目、相手が赤黒のクリーチャーを使っていなかったので(というか山が見えなかったので)、
《天界の粛清》をサイドアウトする。しかしこれが大きな間違いだった・・・
《ナヤの戦闘魔道士》が頑張って、《魔力軟体》や《熊手爪のガルガンチュアン》を押さえつけて粘る。
しかし《爆発する境界》や基本土地サイクリングでマナを伸ばされ、相手が7マナに到達。
そして放たれる《黙示録のハイドラ》( ゚д゚)
当然10/10の化け物など止められるわけもなく、ブロッカーも排除され、殴り殺される。

3戦目はこちらの《ゴブリンの異国者》と相手の《エイブンの従者》がノーガードの殴り合い。
そのうちむこうが息切れし、クロックと火力で焼ききる。


第5回戦 vsエスパー中心5色 ○××
1戦目は除去と展開が噛みあい、先に相手のライフを0にする。
2戦目、《塔のガーゴイル》《エスパーの鵜》にガンガン殴られる。
さらに1戦目ではスタック除去で阻止した《融合の精霊》《魂の威厳》コンボを許し、物量で押し切られる。
3戦目、事件が発生。
一進一退で迎えた終盤、相手がプレイしたのは
《アラーラのオベリスク》
どうしようもねえだろ、こんなもん・・・orz
《圧倒する雷》《圧倒する咆哮》をサイクリングでブチ込むも、大した効果はなし。
結局そのままアドバンテージ取られまくって負け。
後で相手のデッキ見せてもらったら《ヘルカイトの首領》まで入ってました。
引きが違いすぎるwww勝てるかwwww



と、いうわけで3勝2敗でコンフラ1パックゲット。
剥いてみたら神話レア《エーテル宣誓会の審判人》でした。
本戦で出ろよお前wwwww

感想としては、とにかく《アラーラのオベリスク》がヤバすぎ。
出たら勝負が決まるとの評判どおり、アレ1枚で蹂躙されましたw
それと、リミテでの「版図」の強さは異常。
今回結構簡単に5色出せるので、《引きずりおろし》《爆発する境界》なんかは普通に神コモンでした。
しかしメチャクチャ楽しい環境ですね、これ。
常に緊張感があるし、(一部例外を除いてw)強カード1枚で勝負が決まるようなこともない。
これからはリミテをメインにやりたいと思うほど面白い大会でした。(ナヤとジャンドばっかだけど)
今回が大会初参加でしたけど、なかなかいい結果ではないでしょうか。
一緒に参加したIは散々だったようですがw


本日のMVP

《カルデラの乱暴者》
平気でアドバンテージをかっさらう恐ろしい子。
今日はこいつがひっくり返したゲームがいくつあったか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
散々って言うか2勝2敗1分けだった。
槍折りのビヒモスと断片の収斂に退かれてジャンドカラーにしてしまったのが敗因だったな。
良く見りゃ「ケデレクトの忍び寄る物」「グリクシスの魔除け」「命運縫い」「急使の薬包」他バウンス等、優秀なカードが多くあたからグリクシスカラーにすればよかったんだよな。
ちなみにレアは
槍折りのビヒモス、精神の誓約、裏切り者の王セドリス、ケデレクトの寄生魔、ラッカ・マー、大渦の大天使。
ラッカ・マーはやっぱり強い。
大渦の大天使は出せれば勝てるという感じだった。
あと天球儀のおかげでマナ力の槌鉾がアホみたいになってたな。

2009/02/02 00:32
あら、2勝してたっけか。
とりあえず命運縫いはガチ。うちも青でも中々良いカードはあったけど、
天球儀も万華石も土地サイクリングも1枚もなかったからスッパリ切りましたとさ。
とりあえずデッキ崩さず一度でゅえるしませう。
色々メインデッキに突っ込みたいモノはあるけど、我慢しますわ。
あと版図の強さは異常
SHOTA
2009/02/02 01:20
火のるつぼを引く君のドローに乾杯(笑)
たまにはシールドも面白そうだなと
がいつものメンバーでやるのは微妙な気がするのはなぜだろうね?まあ二人ともおつかれ
setu
2009/02/04 16:55
火のるつぼをわざわざシングルで集めた俺の立場は一体・・・ww
この環境のシールドはマジで面白いんでオススメ。
ただコンフラ3のドラフトとかはカオスになりそうだw
SHOTA
2009/02/05 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
【MTG】プレリ参加で、紙レア祭りでござるの巻 風になりたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる